西鉄110th

学校紹介School Introduction

福岡の西鉄自動車整備専門学校の校舎

校長挨拶

西鉄自動車整備専門学校校長

自動車整備に関する知識と
技術の習得に、最適な環境と
機会を提供しています。

西鉄自動車整備専門学校
校長椎葉 小夜子

本校は、昭和37年4月開校以来、多数の優秀な自動車整備士を輩出し、卒業生は各方面にて活躍しています。近年、自動車産業は革新的な技術改革が進んでおり、自動車整備士には最新の優れた技術と知識はもとより、お客様の要望に的確に応対できる高いコミュニケーション能力も求められるようになりました。本校では、在学中に整備の知識と技術の習得はもちろんのこと、社会に通用するコミュニケーション能力やマナーにも重点を置き、業界で長期的に活躍できる人材の養成を目指します。

沿革

昭和37年2月
学校法人西鉄自動車学校設置認可
昭和37年4月
自動車整備科開校(三級整備士養成指定校)
昭和37年7月
整備実習場が自動車整備事業認証工場として認可
昭和39年3月
第一種自動車整備士養成施設指定校として認可
昭和52年5月
二級整備士養成課程に変更認可
昭和52年12月
私立専修学校 / 西鉄自動車整備専門学校工業専門課程自動車整備科として認可
平成4年11月
学校法人西鉄学園に名称変更
平成12年9月
新校舎開設
平成28年2月
文部科学省 職業実践専門課程認定

教育方針

西鉄は、自動車整備業界で求められる
有能な人材育成のため、
3つの教育を実践しています。

西鉄自動車整備専門学校は、学校法人西鉄学園の一員として確固たる理念のもと、50年以上にわたり、優秀な人材を育成し続けています。

  • POLICY 1教育理念

    産学共同体制の充実により、自動車整備業界で求められる人材を育成します。

  • POLICY 2教育目的

    整備士養成機関としての使命を果たすべく、二級自動車整備士資格の全員取得を目指します。

  • POLICY 3教育方針

    「即戦力としての知識・技術を習得した人材」、「コミュニケーション力や社会人マナーに優れた人材」、「業界で働く覚悟を持った人材」を育成します。

西鉄自動車整備専門学校は、専門学校(認可校)です。

法律で保護されており、様々な社会的恩恵を受けることができる認可校。西鉄は、「学校教育法」に基づいて福岡県から認可された「専門学校」です。卒業時に職業実践専門課程の「専門士」の称号を与えられ、短期大学卒業と同じ価値をもっています。

認可校について

  • 卒業時に職業実践専門課程の「専門士」の称号が授与されます。
  • 西鉄、地下鉄、JR等の通学定期券、JRの学割証が使えます。
  • 「日本学生支援機構」の奨学金が利用できます。

西鉄学園について

学校法人西鉄学園

[国土交通大臣指定専修学校]
[文部科学省 職業実践専門課程認定校]

西鉄自動車整備専門学校

国家資格「二級自動車整備士」取得を目標とする専門学校です。

●自動車整備科 ●留学生自動車整備士コース※2019年4月開設

西鉄自動車学校

福岡県公安委員会指定校(実技試験免除)の自動車学校です。

●普通自動車免許(MT/AT) ●自動二輪車免許(普通/小型) ●大型自動車免許 ●中型自動車免許 ●準中型自動車免許 ●普通二種自動車免許 ●けん引/大型特殊免許

専門学校西鉄国際ビジネスカレッジ

ホテル・ブライダル業界や旅行・鉄道・航空業界を目指す専門学校です。

●ホテル・ブライダル科 ●観光科 ●鉄道科 ●エアライン科 ●国際ホテルマネジメント科 ●夜間総合観光科